ブライダル コーディネート 技能 検定。 「Hanayume(ハナユメ)」の ウエディングアドバイザーとコンシェルジュが3級ブライダルコーディネート技能検定に合格― 9割以上のスタッフが資格取得 ―│ハナユメ運営会社 株式会社エイチームブライズ

また、ブライダル業界では常に移り変わる流行も取り入れて提案をしていく必要があるため、アンテナを立てて最新のトレンドをきちんと知っておくこともとても大切です。

1

マスター・ブライダルコンサルタント/MBC Master Bridal Consultant• この業界で働くための基礎知識が凝縮されていますので、ぜひともチャレンジして下さい。 この検定では、1時間で100問出題され、7割以上解けると合格となります。 受験資格は、ブライダルコーディネートの実務に7年以上関わっている方か、2級を取得後に2年の実務経験を持つ方、またはブライダルコーディネーター養成講座を修了後に2年以上の実務経験を持つ方の3つです。

7

マスター・ウェディングフラワーデザイナー/MWFD Master Wedding Flower Designer どんな試験なの? 試験は筆記試験(マークシート方式と一部記述式)合格後に、アシスタントブライダルプランナー資格の登録申請を行い、その後実務経験を積んでいくことで、プロフェッショナルブライダルコンサルタント、上級ブライダルコンサルタント、マスターブライダルコンサルタント、と上がっていきます。

16

未経験の方がブライダルプランナーを目指す場合、業界で最も認知・信頼されている「ABC協会認定 ブライダルプランナー検定」の取得をおすすめしています。 アシスタント・ブライダルプランナー/ABP:Assistant Bridal Planner• ですが客観的にその人の技能を測るのであれば、やはり資格というわかりやすいものがあった方がわかりやすいですよね。 ウェディングと一口にいっても、実際にはプランニング(式の進行など)だけではなく、美容、花などの装飾品、洋装・和装などファッションの分野まで、仕事内容の幅はかなり広いです。

14

但し、十分な日本語コミュニケーション能力を有すること。 まとめ ウエディングプランナーの資格についてまとめました。

19

ドレスコーディネーター• なぜなら、それぞれの新郎新婦によって、結婚式に対する思いや希望する演出は違っており、それらを実現せるためには、結婚式のプロによるプランニングや提案が必要であるためです。

9

ブライダルコーディネート技能検定試験対策講座 お申込み好調です プロフェッショナルからのお申込みが好調です 私よりもブライダル業界のキャリアが長い先輩方からもたくさんのお申込み… わー、こりゃ緊張するけど、ますますやる気、出してしまいます! 広島の司会事務所 Infinity 代表 想い伝達請負人の笹木純子です。 そうでなければ、私がきちんと皆さんを合格まで導けないと思ったからです。 大手の通信講座でも手軽な価格でウェディングプランナーの通信講座を行っていますので、迷ったら利用を検討してみるといいかと思います。

8

マスター・ドレススタイリスト/MDS Master Dress Stylist• それぞれ特化した分野が違うため、自身の職場やキャリアプランに合わせて選択するといいでしょう。 大学に行けば、ウェディングプランナーに限定せず、教養分野の科目、観光産業や経営についての科目などを勉強できます。 でも、あてもなく闇雲に動くわけでもない。

13