青い 彼岸花 考察。 漫画『鬼滅の刃』最終回第205話ネタバレ考察!現代で発見『青い彼岸花』の正体と真実!|マンガタリ

それでは実際にも中国に青い彼岸花が実在するのかどうか気になりませんか? 中国は広いですからね、日本にはない植物がたくさんありそうですよね そこで、中国に青い彼岸花が実在するのか調べてみました。

もしかして・・・「彼岸花」というの無惨の思い込みだったのでは・・・? 実は 「青い彼岸花」はヒガンバナ科の〇〇だったら・・・? という視点でここからは ヒガンバナ科の花を紹介していきますね! 青い彼岸花はこれ!?気になる10種を紹介 調べていくと、ヒガンバナ科の花の花言葉はなんとも、 「鬼滅の刃」のお話しと結びつけたくなる要素が盛りだくさんで・・・。 炭治郎が行ったことのある場所。

9

それが「青い彼岸」を探し出して鬼舞辻のもとに持ってくるというものである。 2つ目の理由は 炭治郎の走馬灯です。 202話で炭治郎に打たれた「藤の花の薬」の効果はなんだろうという考察もしてきたのですが、もしかしたらこの藤の花の薬こそが、青い彼岸花だったのではないかと考えました。

16

なので、彼岸花を薬に使うという行為自体は、なんらおかしな事ではないのです。

無惨は残された力を必死で振り絞って…、 這いながら…… 無意識のうちに屋敷の裏手にある「彼岸花」が生え狂う場所までたどり着いていた。

17

そこで「小芭内」を分解すると、 芭には「花」という意味があることが分かりました。

13

そして…… おええええぇぇぇぇぇ。

2