糖 質 制限 眠く なる。 昼間の食後の眠気&だるさは「糖質」の摂り過ぎが原因

昼食に炭水化物を食べる 昼食には定食やパスタ、麺類などの炭水化物が多く含まれた食事を食べる方が多いのではないでしょうか。 GI値が高い食品でも、炭水化物の割合が低ければGL値も低くなります。

6

【主な著書】 【You Tube】 山本義徳先生の知識と経験に基づいたトレーニング方法や、プロテインやサプリメントの情報を科学的根拠(エビデンス)に基づいて、YouTube動画を随時更新しています。 薬は体に入ると各々目的の臓器へと運ばれていき、そこで適切な薬効を発揮します。 例えば、昆虫は外皮に多糖成分が含まれ、強固な構造を形成する役割を果たしています。

11

ご飯やおにぎりなら気軽に食べられるのに、それが角砂糖20数個などと言われるとゾッとしませんか。 さらに、 アルツハイマー病の予防や進行の抑制にも効果があると考えられています。

20

ぜひ最後までご覧ください! 目次• 「脳のエネルギーはブドウ糖じゃないの?」と思うかもしれませんが、ヒトの体はうまく出来ていて、食事の中の糖質が少ない時は肝臓や腎臓で必要な量の糖をちゃんと作り出すことができます。

16

私たちの体内では、単糖は「グルコース(ブドウ糖)」「フルクトース(果糖)」「ガラクトース」、少糖は「スクロース(ショ糖)」「マルトース(麦芽糖)」「ラクトース(乳糖)」、多糖は「デンプン」が使われています。 糖質制限中の眠気の原因はカロリー不足 糖質制限を始めて眠気を感じるなら、原因は カロリー不足です。

炭水化物、つまり、糖質は脳のエネルギーなので、これが不足するので、集中力がなくなり、眠りが浅くなり睡眠障害が起こります。 適度な運動をする 体内に摂取された糖質はブドウ糖に変換されますが、ブドウ糖は主に運動によって消費されていきます。 もちろんそれは事実です。

19

血糖値が上昇すると肥満ホルモンと呼ばれるインスリンが体内に発生します。 睡眠が足りないと疲労物質が蓄積されるため、常に睡眠を促すようになり、日中でも強い眠気を感じてしまいます。 この時点で眠気対策としてカフェイン飲料などを摂取すると、飲み物に含まれる糖質で再び血糖値が上昇し、そのあとに血糖値が急降下するという悪循環が起きてしまいます。

5