鬼滅の刃甘露寺みつりイラスト。 【鬼滅の刃】甘露寺蜜璃の書き方〈ミニキャラNO、7〉

自分の強さを誇りなさい。

14

自身の刀を研ぎ終えたことで一旦彼らと別れ里を発つが、刀鍛冶の里がに襲撃されたことで急遽引き返し、里に常駐する鬼殺隊を圧倒した金魚姿の化け物達を鎧袖一触に斬り捨て、柱としての実力の高さをうかがわせた。 「勿論だ 君が俺でいいと言ってくれるなら」 「絶対に君を幸せにする」 「今度こそ死なせない 必ず守る…」 こうして今際の際に互いの想いを確認し合った二人は、来世を約束しながら穏やかに息を引き取った。

15

非常に可愛らしい容姿をしている。 人一倍面倒見がよく、隊士たちの兄貴分的存在でもある。

18

伊黒さんが頑張っているから私も頑張ります。

カップル(主に男女の)を作ること」意味しています。 髪は本来黒色だったが、好物の桜餅を食べ過ぎたあまり、色が変わってしまったらしい。

伊黒は感情的に動く甘露寺を優しく諭す。 自分の強さを誇りなさい。 使用する呼吸:恋の呼吸 誕生日:6月1日 年齢:19歳 身長:167cm 体重:56kg 出身地:東京府 麻布區 飯倉(現:港区 麻布台) 趣味:料理、メンコで負け知らず 好きな物:桜餅 「恋の呼吸」の使い手で、恋柱。

甘露寺の肉体は華奢に見えるが、筋肉密度が常人の8倍という特殊体質で、一歳二ヶ月の時に漬物石を軽々と持ち上げていた。 ちなみにこの羽織は当時の煉獄が着ていた物とお揃いである。

蛇柱である伊黒小芭内と共に行動していた甘露寺は、半天狗の代わりに上弦の肆となった鳴女と遭遇する。 特に劇中の大正日本では、 高タンパク・高カロリー食品が一般的ではない為に、拠点あるいは人里を遠く離れての任務は、かなりの制限を受けると推察される。 公式の設定は今の時点で明かされていないため、彼女の家柄については、どれも今のところ裕福な家庭であるということ以外は予想や推測の域を出ない。

18