は ま 寿司。 さんご寿司

2012年2月19日閲覧。 2015年6月10日閲覧。

酢を合わせていない飯に魚や中国料理を乗せて「スシ」だと称するところまである。 この頃には巻き寿司も既に定着しており、江戸も末期、の足音も聞こえてこようかという時代になって、ようやく現代でもポピュラーな寿司が出揃った。

関連項目 [ ] に 、 、 、 、 、 の項目があります。 『国立民族学博物館研究報告』(レポート)、18、628 注7。 どどめせ [ ] 岡山県の郷土料理。

1

トッピングされているマンゴーの甘みと酸味のバランスは絶妙で、チーズシェイクとの相性抜群だ。 従来の見解は、数箇月間以上の「飯漬け」を行う現在 [ ]の滋賀県の「」を奈良時代以来の「なれずし」、これよりも「飯漬け」期間が遙かに短い和歌山県のの「なれずし」などを「生成」であるとする理解から導き出されたものであるという。 では、後にと呼ばれる地域にレストラン「見晴亭」が1893年に開店し、1903年に屋、1905年には屋、そして1906年には寿司屋が開店する。

7

戦後のになると、衛生上の理由から既に店は廃止され、廉価な店もあるにはあるものの、寿司屋は高級な料理屋の部類に落ち着いた。 日比野光敏『すしのひみつ』金の星社、2015年7月24日。

5

生のままだけでなく、酢〆されることが多い「光もの」や煮物も用いられる。 特に夏期においては握ったものをすぐ食べることが望ましい。