オットー 一世。 オットー朝美術とは

大帝(der Grosse)とも呼ばれる ハインリヒ1世の子で,936年東フランク王に。

17

また、オーストリアの歴史の大半は、ハプスブルクの歴史とも言われている。

14

どうせ皇帝様はドイツには興味ないんやし」 神聖ローマ皇帝フリードリヒ一世は、イタリア全土の支配を目指し、息子ハインリヒを(イタリアの)シチリア王国の王女と政略結婚させました。

2

New York: Hawthorn Books 1958. と王女の第2子での弟。 これはカール大帝に倣ったものであり、自らをカール大帝の遺志を継ぐ者であるという事を諸侯に宣するものであった。

20

生涯 [ ] 生い立ち、青春時代 [ ] 912年、ハインリヒ(後の東フランク王)とその妻の子として生まれる。

13

、バイエルン公兼が帝国追放に処せられ、領土を没収されると、フリードリヒ1世によって新たにバイエルン公にされたが(ザクセンはに与えられた)、わずか3年で死去した。 しかし、西フランク&中部フランク&東フランクでも徐々にカロリング朝の跡継ぎがいなくなり、東フランクでは911年にルートヴィッヒが死去したことにより カロリング家が断絶しました。

16

その領土は現在のフランス全土とドイツの大半、そしてランゴバルド王国を滅ぼして得た現在のイタリアの大半、現在のベルギー、オランダ、ルクセンブルク、スイス、オーストリア、スロヴェニア、モナコ、サンマリノ、ヴァチカン市国の全土、現在のスペイン、チェコ、スロヴァキア、ハンガリー、クロアチアの一部に跨り、文字通り西欧の主要国を手中にした。

オットー大帝(Otto I. 94-95> この『ローマ教皇歴代誌』を見ると、この前後の教皇には、「絞殺された」とか「撲殺された」などが頻繁に出てくる。

11