第 二 類 医薬品 と は。 一般用医薬品

9月4日:鎮痛消炎薬のを有効成分とする一部の解熱鎮痛薬を「第二類医薬品」から「指定第二類医薬品」に変更(処方箋医薬品と同量配合している内服薬は除く。 五 医薬品を通常陳列し、又は交付する場所にあっては60ルクス以上の明るさを有すること。

インターネット等での販売が可能。

一般用医薬品の分類は薬効と副作用リスクに基づいて決められています 皆さんはドラッグストアで販売されている薬をよく利用しますか? 突然の頭痛や病院に行けないときのカゼなどでお世話になることも多いのではないでしょうか。 10月19日:消炎鎮痛剤のイブプロフェンを配合した解熱鎮痛薬のうち、1日量中0. 第二類は、佐藤製薬のユンケルなど漢方が入っているものがそうですね。 主な風邪薬や解熱剤、鎮痛剤など日常生活で必要性の高い製品が多く含まれる。

18

薬効と副作用のリスク:特に高い• 2019年9月18日付で、「第一類医薬品」に区分されていたを有効成分とするフッ化物洗口剤(エフコート、 フッ素メディカルコート)が「第三類医薬品」に区分変更された。 登録販売者は特に学歴に関係なく受験が可能で、各都道府県が実施している資格です。

4

そのため、インターネット等での販売はできません。

19

目薬(点眼薬)、洗眼薬、鼻薬(点鼻薬)。 また、漢方薬など。

15

5 薬局開設者又は店舗販売業者は、一般用医薬品の適正な使用のため、その薬局若しくは店舗において一般用医薬品を購入し、若しくは譲り受けようとする者又はその薬局若しくは店舗において一般用医薬品を購入し、若しくは譲り受けた者若しくはこれらの者によつて購入され、若しくは譲り受けられた一般用医薬品を使用する者から 相談があつた場合には、厚生労働省令で定めるところにより、その薬局又は店舗において医薬品の販売又は授与に従事する薬剤師又は登録販売者をに、必要な情報を 提供させなければならない。

14

店舗での薬剤師との対面販売のみ購入可能。 通信販売:可能• 箱への記載:第3類医薬品• )を用いて必要な情報を提供させなければならない。 第一類医薬品は義務規定で2年間の保存義務が課せられますが、第二類医薬品、第三類医薬品では努力規定となっています。

11