石原 さとみ デビュー ドラマ。 石原さとみ 結婚発表後初ドラマで寺尾聰、向井理と初共演 テレ東「人生最高の贈りもの」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

石原さとみさん演じる海洋学の研究者と、綾野剛さん演じるリゾート開発本部長の、海にまつわる恋と仕事の話をコメディとして楽しく、時にシリアスで切なく描けたらと思います。 今作は自身の余命がわずかであることを知った主人公が、突然実家に帰省するところから始まる。

17

(出演者が)少人数のドラマで、さとみちゃん、勝地くん、寺尾さんとたっぷり共に居られたことが嬉しかったし、寺尾さんのお宝体験談を聞かせてもらえることも幸せな時間でした。 2013年9月10日時点の [ ]よりアーカイブ。 そして、石橋冠(監督)という、日本のテレビドラマ界で特質すべき素晴らしい監督とこの作品で再会できた事も非常に嬉しく、この作家(岡田)とこの監督(石橋)のタッグと考えたときに、どんな役でもこのドラマに出たいなと思ったし、僕にとっていろんな意味で他の作品とはちょっと違う思いが込められています。

「西船橋 イチゴ畑」篇• ・平行二重。

石原さとみさん演じる海洋学の研究者と、綾野剛さん演じるリゾート開発本部長の、海にまつわる恋と仕事の話をコメディとして楽しく、時にシリアスで切なく描けたらと思います。 「お互い色々な経験をしてきていることもあり、海音と倫太郎の距離の縮め方、関係性の作り方が、とても早くできたと思っています」とリアルなラブストリーを作りあげていることに自信を見せ、「台本を読むときも、主観だったり、私側の視点に立ってくださったり、全体を俯瞰で見ていたりと、ドラマを色々な角度から見ていらっしゃる」と綾野さんを観察する。

9

見てくださった皆さんからどんな感想をいただけるのか、主演のお二人や脚本の徳尾浩司さん、演出陣と今からドキドキソワソワしています。 (2007年、東映) - 騎馬笑美子(ワラ) 役• 恋がしたくなったり、好きな人をもっと好きになれるようなドラマになっています。

10

綾野:ドラマの現場で、石原さんが、全てのスタッフ、キャストに分け隔てなく接しているのがすごく印象的で。 ( [ ]、) - Actress Style。

13

なぜなら海音には、誰もが驚くあるヒミツがあった。

海を守りたい女と、その計画に人生をかける男。 Q:今回のドラマへの意気込みをお願いします。

10