梅 の 木 の 剪定。 冬に行う梅(ウメ)の剪定例~剪定の時期を逃してしまった場合~

ほかにも、剪定してくれるスタッフの知識や技術、質問に真摯に答えてくれるか、追加料金の発生はないかなどの確認をしておくことも大切です。

2

・1年目 1年目は苗木の生長を促すことが目的です。

5

剪定する時期は、 9月から11月。 理想としては枝は3本に枝分かれさせる様にします。 柄の部分が長いので、高い部分でも簡単に切ることができます。

しっかりと手を保護できるよう、厚みのあるものや頑丈なものなど、作業に適した手袋を選びます。

17

自然の鳥や動物のために少し残すという考えもありそうですが、無駄に変な虫がついても嫌なので背伸びをして届く高さで切ってしまいます。

11

枝ごとに伸びている方向や生長具合が異なるので、幹から上に向かって伸びている状態のよい枝を残すように剪定しましょう。 14s ease-in-out;-webkit-transition:background-color. 梅の木に限らず、樹木の剪定作業が行われるのは冬です。

16

そうしないとどんどん大きくなって、手に負えなくなってしまうかもしれません。 4年目以降の梅の剪定方法 4年目以降の季節で異なる剪定方法をそれぞれご紹介します。

かんぬき枝とは、同じ場所から左右対称に出た枝のことで、左右の枝で栄養を取り合って花付きに悪影響を及ぼします。

18