柏 市 事件。 柏のみどりちゃん事件

一審決定はAの無実主張について、布団にナイフを隠したことを捜査中も審判中も隠していた点が不可解である、とした。 申立権を肯定する立場は、本決定が一審の実体審理を正当と評した点を以て、そうしないのは不当であるとする趣旨を含むと解釈する。

2

だが、9月には「保護処分不取消決定に対しても一定限度でを認めるべき」とするまったく新たな判断を示し、棄却決定の差戻しを決定した。 高校に進学する程度の経済的余裕はあり 、またAも事件直前までガールフレンドから付きっきりで勉強を教わっており、学校生活が面白くなかったという事実はない、と小笠原は述べている。 不審な電話を受けた際は,家族や市役所,柏警察署(04-7148-0110)などに確認をしてください。

17

その法文がに立つことは本来裁判所の主体性を強調するのみであり、少年側の申立権を否定することと必然的な関連はない。 雑誌 [ ]• さらに最高裁へ再抗告した結果、9月2日に再抗告を認め、東京高裁に破棄差し戻した。 54頁• 902頁• 「最近の判例から 柏市の少女刺殺事件の少年に対する保護処分取消し事件 - 最高裁(三小)昭和58年9月5日決定」『法律のひろば』第36巻第12号、、1983年12月、 44-50頁、 、。

10

新聞の報道などによると、その動機について「姉と喧嘩してムシャクシャした」と供述していた。 188-189頁• 刺創 [ ] Aは自白調書において、「僕が刺した場所」としてBの右胸側胸部付近を指示している。

よって、少年法第35条第1項に基づく再抗告ではさらに事由が限定されるのは当然であり、また上記判例理論を少年手続きにおける再抗告審に適用する理由もない。

9

生徒の父親は「子の未来と希望、人生を奪ったものは何だったのか。

15