アドレス v50。 中古アドレスV50が無料・格安で買える!|ジモティー

その他 [ ]• 2,000台限定で発売。 その後は、集中キーシリンダーの採用、コンビニフック、センタースタンドロック機構、エンジン廻りの改良、不評だった発進直後の加速の鈍さをクラッチ変更で改良。 エアクリーナーボックス形状とマフラー形状とマフラーカバー形状を変更。

3

この点は後年、アドレスV125S(TEKKEN125)に踏襲される事となる。

V125Sは、当初からスズキ販売店に「アドレスV125(UZ125K9)の後継車両(新モデル)」として案内された経緯があるが、実際には2010年度の発売から現在に至りV125との併売体勢が保たれている。 にはアルミタンデムステップを装備し、リアキャリアをスポイラーに換装した上級仕様となる アドレスV125SSが発売された。 特徴的すぎる外観・大柄で重い車体・乗降に不便な山なり形状のフロアステップ等、本来は日用品として親しまれなければならないスクーター要素のことごとくが一般の購買層、特に女性からは不評であり、何よりも価格面においては既存のV100に対し圧倒的に不利な点(在庫処分セールなどの特異な状況によっては両者の乗り出し価格差が10万円近い物件も存在した)は致命的であった。

8L エンジン 空冷2サイクル単気筒 総排気量 49cc 最高出力 7. 対象車両 車名 型式 通称名 改善対策対象車の車台番号(シアル番号)の範囲 及び製作期間 改善対策対象車の台数 備考 スズキ JBH-CA4AA レッツ CA4AA-100065~CA4AA-165864 平成26年11月14日~平成29年8月30日 65,167 JBH-CA4BA アドレスV50 CA4BA-100022~CA4BA-116720 平成27年4月7日~平成29年8月8日 16,688 合計 81,855 改善箇所説明図 エンジン制御コンピュータのプログラムが不適切なため、燃焼室にカーボンが堆積し、その一部が剥がれ落ち、排気バルブまたは吸気バルブのシート面に噛み込むことがあります。 車体を構成する要素の大部分とエンジン性能などはV125の2009年モデルを踏襲したものとなっているが、外装および装備を大幅に変更しており、特に車体のデザイン面においては、よりエッジとボリュームが強調されたものとなっている。 スピードメーターパネルのデザインを変更。

8

メーカー希望小売価格 税込み価格 が旧価格の178,200円から182,600円にアップ。 にマイナーチェンジを受けるまでのアドレスV125シリーズの累計国内販売台数は、わずか3年半で13万台という日本の二輪史上においても有数の販売台数を達成し 、には20万台を突破して発売から7年半でV100の記録に迫ったことになる。 リコールなど [ ]• 2 最高出力回転数(rpm) 8500 8500 最大トルク(N・m) 4. 46 最大トルク回転数(rpm) 6500 6500 燃料供給方式 フューエルインジェクション フューエルインジェクション 燃料タンク容量 L 4. 兵庫県• コンパクトさは以前とは変わらず、燃費性能を向上しているので、50ccスクーターの中でもトップレベルの燃費の良さを誇ります。

また、別途オプションであるフロントインナーポケットや、サイドスタンド、リアキャリア、等の充電可能になる、を標準装備した2万円高の上級モデル AddressV125Gも併せて発売された。

13