テニス サーブ。 テニスのサーブは何種類あるか知ってますか?全部解説します!

サーブでボールを打つときのルール テニスでサーブを打つときには、必ずベースラインの外で打たなければいけないルールがあります。 また、コースが良ければエースとなり、楽にポイントを取ることも出来ます。 「身長が今より5㎝高かったら…テニスのサーブは上達するのでは?」 私自身はテニスをしているこんなことをよく感じてしまいます。

19

この高くバウンドさせる為に必要なのはサーブの高さです。 肩に力が入らないように下から投げます。

自分のサーブが入らない事で、パートナーのリズムを崩してしまう事にも繋がってしまうのです。

6

セカンドサーブを安定させるために必要な3つのコツ では、具体的にセカンドサーブを安定させるために何を意識すればよいのかを見ていきましょう。 スイングのエネルギーは並進運動と回転運動によって生まれます。 ご自身のフォームはどのフェーズが上手くいっていないでしょうか。

9

テニスのサーブが入らない原因は 初心者のサーブが入らない原因は1つにはトス、もう1つにはフォームに問題があります。

「回転があるとホントに入りやすくなるんだ」を実感させてくれます。

5

なのでサーブのスピード・回転を両立させてダブルフォルトなどを減らすためには、フィニッシュ時にラケットが身体の右側 左利きの場合は左側 に持ってくるように心掛けましょう。

7

オープンスタンス、プロネーションなど、現代のテニスのフォームをとことん教えてくれます。 残りの5種類のサーブを判断できるようになりましょう! 各サーブの打ち方については別の記事にしますのでお待ちください! おまけ コートが取れなくてもサーブ練習は出来ます。

また、セカンドサーブと言えど、打つ時にコースは考えます。 ソフトテニスのサーブはトリッキーなのも含めるともっと多くありますが、 硬式テニスの場合はそこまで多くはないですね。

2