マヤ 予言 2020。 20年3月地球消滅? 原田龍二がマヤ暦の予言のウワサを分析

869年 貞観地震(じょうがんじしん)三陸沖の巨大地震 M8. あくまで、都市伝説としてお読みください。 マヤ暦には 以前にも世界滅亡の予言がありましたが、計算し直したところ、正確には「2020年3月20日」が世界滅亡の日だという 新 説が出てきたんです。

14

不安にさせるだけさせておいて、 結局何事もなく、時は過ぎていきました。

2021年から5079年の予言一覧を、一挙まとめてご紹介します。 威力は原爆の比ではありません。

10

そういった時の荷の現象が天から降りてくるとき、私たちは個人のことだけでなく、大きな地球惑星として、あるいは世界や国としても、荷をとらえなければなりません。

6

貝殻のかたちで描かれるマヤの「ゼロ」は、量や単位が存在しないということではなく、「一つのくくりが終わる」「一続きの働きが完了する」という価値概念をもっています。

9

ブルガリア政府が機密にした理由に納得です。 2018年に中国が世界の超大国になるというも、2000年前半以降は緩やかな下降を続けている印象です。

11

このことは人類への大きな警告だろうとおもいます。 また、それ以外の地震と 現在の地震の相関関係も気になるところ。 その暦でも、 マヤ暦同様2020年3月20日の世界滅亡が予言されていたんです。

20

だから我々がここにいる。

6

検索してると、おもしろい記事があった。 また年末には3億円強盗事件もおこりました。 もちろん、、、予言が的中しないことに、越した事はないですが。

18