家紋 調べる。 家紋の一覧

検索2:自分の家系の家紋を検索 自分の名字と家系の家紋を検索して、家紋を再確認して見ましょう。 栖鳳竜胆(せいほうりんどう)• つまり、家紋の調べ方のひとつとして、苗字から辿っていく方法もあるのではないかということです。

9

新田桐(しんでんぎり)• 右三階松(みぎさんがいまつ)• 巻末に天皇家、藤原氏などの「系図」、「華族一覧表」が付いています。 そのため、本家の家紋が判明したとしても、その後に変更したかどうかなどの詳細は分からない場合もあります。 植物紋• 丸の内に五つ引(まるのうちにいつつびき)• 家紋をクリックし、拡大してご覧ください。

13

大村瓜(おおむらか)-• 植物紋• 「物部」は、武士を『もののふ』といい、軍事をつかさどった物部からきているといわれています。 久世橘(くせたちばな)• 古い本籍地やその近所に同姓の家がないという場合は、少し範囲を広げ、その地域にあるお寺や墓所で同姓の家を探してみましょう。 丸に一つ引(まるにひとつびき)- -• その場合は、仏壇や着物、袱紗などを探し出して家紋が入っているかどうかを確認してください。

13

一重亀甲に剣花角(こもちきっこうにけんはなかく)- (神紋)• 鹿角(かづの)---- 文様 [ ] 巴(ともえ) [ ] 右二つ巴• 家紋には「丸に片喰」「違い鷹の羽」等の紋様を表す名前がついていることが一般的で、その名前まで知っておくと、家紋を誰かに伝えるときに役立ちます。

18

家紋は「家」のアイデンティティを示すものだったことから、本家から分家するときに微妙に家紋の絵柄を変化させたり、全く違う家紋にすることさえもありました。 七つ星・七曜(ななつぼし・しちよう)- (定紋)• 判明したお名前や本籍地を頼りに現在もその地にお住まいのかたがいらっしゃればお手紙を送って、本家のことや家紋についてのお尋ねをいたします。 近藤安太郎『系図研究の基礎知識 : 家系にみる日本の歴史』(近藤出版社 1990 【GB43-E61】人文、関西) 主要な系図集の解説や、系図調査の方法が収録されています。

10

天保銭・天保通宝(てんぽうせん・てんぽうつうほう)• 丸に並び柊(まるにならびひいらぎ)• 鍬形(くわがた)• 戸籍や登記簿に登録されてもいません。 利休桐(りきゅうぎり)• 江戸時代に入ると、庶民も自由に家紋を使用するようになりました。 昨今の個人情報保護機運の高まりや様々な悪質な詐欺の横行などから、お手紙をお送りしたもののご返信をいただけないこともございます。

(ときぎきょう)- - -• 苗字から家紋を調べることはできるか 家紋と苗字は密接な関係があるとされています。 太田桔梗・丸に細桔梗(おおたききょう・まるにほそききょう)- 菊(きく) [ ] 詳細は「」を参照• 丸に蔦(まるにつた)-• 器材・建造紋• それを見れば、家紋が明らかになります。