イルルカ sp アスラゾーマ。 【イルルカSP】個体値の調整方法と調整手順

アスラゾーマの強さとスキル モンスター名 特徴 ・型が豊富な超Gモンスター ・マネマネ型はすてみやマダンテ持ちが多い ・いきなりシャッフルで霧の上書きが狙える アスラゾーマは、元々が超Gサイズモンスターということもあり、様々な型がある対策が難しいモンスターです。 大魔王ゾーマはシドーとデュラハーンの特殊配合で、マンモデウスは雪と氷の世界で入手可能です。 習得モンスター:、 全ての耐性が1段階上がる、ただし回復と反射は変化しない 習得モンスター:、 ずっとマホカンタがかかっている、どうやっても消すことはできない。

12

(亡者は発動されますが)致命打を与えることまでは達成できるのでそこで得たアドバンテージを極力失わないプランニングが重要になると考えています。

8

使用者の攻撃ランクの変化、テンションの変化を無視する。 つねにマホカンタや暴走機関など優秀な特性を持ち合わせていながら、致命的なデメリット特性がつきにくくカスタマイズ性が非常に高いです。 個体値調整の準備 1 あくまの黙示録が産まれるように配合をする。

9

特性の候補にどうぞ。 白い霧を採用している場合も多く、ステルスアタックも通りづらいです。

4

習得モンスター:、 ずっとマホカンタがかかっている、どうやっても消すことはできない。 リバース系を付与してリバースパーティーのアタッカー。

亡者の執念を付与してのみがわり、行動回数を付与してのアタッカーおよびサポート役をいずれも高い水準でこなすことが可能。 ただし、アスラゾーマはいきなりスカラで防御力が大きく上がっているので、攻撃する前にいてつくはどうでスカラを剥がして置く必要があります。 チェインが使えなくなる黒い霧や相手が得意な霧を使われてしまうと途端に機能しづらくなってしまうからだ。

5

新生配合で付けるおすすめの特性 AI1回行動型おすすめ特性 特性 効果 習得モンスター: 奇数ラウンド開始時、HPが減っていないと自分にバイキルトとインテを使う 習得モンスター:、 戦闘開始時、自分にバイキルトを使うことがある。 そのため、表のパーティーには、特性「いきなり赤い霧」持ちや特性「亡者の執念」が付いている特技「チェイン」持ちなどを用意しよう。 ・まねまね 相手の使った技をラウンドの最後にまとめて放つ体技。

7

最後の配合はLvを最大まで上げてから行う 最後の配合では、両親のLvを最大まで上げてから行おう。 数値が低い場合はどちらかといえば守られる側であったほうがよい。 こんにちは。

18

亡者リザオ 亡者リザオでよく使用されるモンスター コンセプト を発動させた後、リザオラルで復活を繰り返す。 作戦封じの息は霧によって防がれることはないですが、有利な効果に干渉できず、また既に作戦封じ状態になっているみがわりを解除することはできません。

6